熊本栄司の陶芸春秋

考えないススメ

物事の真実を知りたい!!!

って思うのは私だけじゃないと思うけど・・・

特に私の場合、宇宙はどうなってるの!

宇宙はどうやって始まったの?

始まる前はどうなってたの?

宇宙はどこまで続いているの?

果てがあるなら、果ての向こうはどうなってるの?

・・・っと、まるで、子供の「ねえ、どうして?ねえどうして?」というあの子供特有の質問の仕方を齢54歳になってもまだしてるし!!!(汗)

宇宙の事のみならず、人生において・・・

「本当の幸せって何なの?」

「生きるってどういう事?」

「死ぬってどういう事???」

・・・とまあ、そういう事を知りたい訳なのね。

でも物理学を持ってしてもたぶん真の宇宙の姿は永遠にわからないだろうし、哲学をもってしても、真の幸福とは何か?という答えも出てこないだろうね。

だったら・・・考えないようにしよう!・・・って決めたんです。

アインシュタインやホーキング博士でもわからない事を私がわかるはずもなく、アリストテレスやカントがわからない事を私がわかるはずがない。

じゃあ、考えなくてどうしたいんだ?って話なんだけど・・・

楽しく生きる。もうそれ以上でも以下でもないよ。

自己中心的と思われるかも知れないけど、自分軸で生きる。

全ての価値は自分が決める。

それだけですごく楽に生きられるような気がするんよ。

陶芸も大事、健康も大事、人間関係も大事、お金も大事・・・

だけど、陶芸で世界征服ができるワケでなし、健康でも300歳まで生きれるはずもなく、人間関係ほどモロイものもないし、お金で死んだ人やペットを蘇らせる事などできやしない。

陶芸(仕事)も、健康も、人間関係も、お金も・・・なんのためにあると思う?

すべて・・・楽しむためだよ!!!

だから・・・考えるから苦しむのよ!

考えない!考えない!考えない!・・・それが一番!!!

(三年前の写真)

・・・っていうブログを今日は必死で考えて書きました!(笑)


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





あれこれ

超古いアナログ温度計

また新しく生えてくるソテツの葉。

北斗の拳のトキに似ているって・・失礼にも娘が言う。
(でも、似てる)

生徒や体験者の作品が焼きあがってきた。

昨日はわんちゃんもやってきた。

蜂の巣・・・なんで規則的に正六角形に作れるんだ?!
不思議。不思議。

みんな、みんな・・生きているんだ友達なんだぁ〜〜♩


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





暑いそして熱い日曜日でした。

暑い日曜日です。

今日は朝から電気屋さんが息子の部屋のクーラーの交換作業のために家に入ってもらってました。

家を留守にする訳にもいかないためカミさんに留守番をしてもらいながら、その時間を利用して車を掃除したり、必要な品を買い出しに行ったりしてバタバタとすごしました。

午後からも用事があり、四日市方面に。

ちょうど3時におにぎりの桃太郎のビルの前を通ったら、ビルの屋上にある桃が割れて桃太郎がちょうど登場してました。

家に帰ってきてからは・・久々にスロットを打ちにパチンコ屋さんに。

久々の大勝ちでした!(ギャンブルやる人は買った時しか自慢しない)

レア役ひきまくり、裏ボーナス引く、逆回転フリーズ引く・・・とまあ、ARTの合計は2000ゲーム超え。

一撃7000枚以上!!!当然ながら家に帰ってきたのはかなり遅くなってしまいました。

(この写真を見て、私が言ってる事の意味がわかる人は・・・ってそうはいないですね。きっと。たぶんわかるのはへなちょこさんと岡角君だけかも???あはは)

さて・・・明日からはまた新たな一週間の始まりです。

今週は英語の文章を英会話教室の皆さんの前で読み上げなければならないし・・・

ムービーナイトっていう映画鑑賞会もあるし・・・

今週は真面目に過ごすぞ〜!!!


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





実用強度

昨日、中日文化センターの授業を午前中にしていたんだけど、その中の会話で・・・

生徒さんの一人が万古まつりに行って、納豆を混ぜる器を購入したんだけど、一回で持ち手の部分が割れてしまったというのであります。

犬のおまわりさん、困ってしまってワンワンワワンです。

実物を持って来ているというので写真で紹介します。

確かに取手の部分はかなり薄く、これは折れても仕方がない作りになってるな〜って思いました。

それで接着剤を使って元に戻してあげようと考えましたが、力学的に元々問題ある大きさであり、作りになっていますので、納豆を運んでいる途中にまたポキンと折れて・・・

納豆がカーペットの上やお気に入りの服にネバ〜〜〜って落ちたらシャレになりません。

ネバ〜〜〜ギブアップの精神で掃除をしなければいけなくなります。(大寒)

特に納豆をパソコンのキーボードの上で落とした場合、糸引きキーボードの出来上がり。

どこかの国のように1000年恨まれ・・じゃなく「におい」も1000年残ります!

そこで割れた取手の部分を綺麗にサンダーで修正し、取手のない器にしてあげました。

ま、取手を持って何かをする器に関してはメーカーさんももう少し強度のある製品を作って欲しいと切にそう思いました。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





玄関灯

できるだけ毎日ブログを書こうとすると、色々な角度から日常や自分の周りのモノなどをあえて取り上げて、それを掘り下げるというのが一番「楽」で「手っ取り早い」

・・・というか、もはやそれしか日々の更新の方法が見つからん!(笑)

って事で、昨日も玄関の柱に取り付けてある、大昔に作った「陶・風車」について何か適当に書こうと写真を撮ったのがこれ。

そしたら妙に「玄関灯」が汚いのに気がついた。

拡大するとこんな感じ。(画像が荒くてすみません)

実を言うと、私自身・・・この玄関から出入りする事はほとんどなく、いつも裏口(勝手口)からの出入りなので、あまり玄関灯の劣化に気がつかなかった。・・というより、あまり気にしなかった。

しかし、何故か急に「これではイカンザキ〜!」って事で・・・

(そもそもこの「イカンザキ〜!」っていうのは、かつての流行語ですんで、何言ってんだ?って思う若者はググってみてね)

「イカンザキ〜!」「イカンザキ〜!」「イカンザキ〜!」と連呼しながら、Rクラス(陶芸教室)の真っ最中にも関わらず、玄関灯の再生作業を始め、自分の好みの色に塗り替えてやった!

ほとんどこの写真では変化がわからない?かもという事でアップな写真をば。

電気をつけると・・・

やっぱり金色がポイントで入ってしまうのねん。

次は表札もニューバージョンにしようかな?

もう、26年以上も前に作ったモノだから・・・(汗)


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





Re 高麗茶碗考

Facebookをやってる人なら誰でも知っている事だけど、Facebookってご丁寧に1年前の今日はこんなでしたとか、3年前、はたまた五年前くらいまでさかのぼって知らせてくれる。

・・・てな事で、ふと昔に書いたブログなんかを読み返す事になったりする事しばしば。

そんな中、昔、高麗茶碗について書いたブログがありそれをきっかけに今一度、高麗茶碗の本を読んでみました。

昔・・・某陶芸雑誌が高麗茶碗の特集をやっていて、それこそで一言一句漏らさず、全て読んだんだけどね。

高麗茶碗の歴史、そして現代作家が作る高麗茶碗。

きっとそれぞれすごい作品であるに違いない。

しかし・・・その良さが私のアホの頭ではわかんないワケよ。

30年もの長きに渡り陶芸をやってきたにも関わらずわかった事は・・・

高麗茶碗の奥の深さが「わからない」という事。

美術評論家が何回も何回も、高麗茶碗の見所は「無作為」の美であるという。

それもよくわからない事に拍車をかける。

そもそも、茶碗を作っているのだから、少なくても茶碗を作るという「作為」は存在するだろうよ。

もし、作為がなく作ったと100歩譲ったとしても作為がないのなら、それ適当に作った事にならんか?

「いやいや、心頭滅却して何も考えずに伸びやかに作るんじゃよ」

って言われたとしたら「心頭滅却して伸びやかに作る」という作為が存在してしまうんじゃね?!

作為が見えないようにしようという「作為」の存在が私には見える。

少数意見を尊重しようと言う多数意見。

貼り紙禁止という貼り紙。

作為を消そうとする作為。

昔、岡本太郎が子供の絵は作為がなく素晴らしいと言っていたが、まさか高麗茶碗を子供が作ったワケでもなく、必ず作為はあったと思う。

そもそも茶碗の形してるし、高台までついてるし・・・

「はいはい、くどくどとつまらぬ事を書いてんじゃね〜よ!・・・お前は高麗茶碗の何たるかを全然わかっていない」と言われるね!

先ほどから述べさせていただいているように・・・はい。わかっていません。

もう、1000パーセントわかっていません。

昔の高麗茶碗を手本にして、それに近づきたいって気持ちはわからないでもないけど・・・

近づきたいって・・・そもそも作為じゃね!???

だから・・もっと遠くへ!もっと遠くへ!離れていくべきだと・・・

わかっていない私は、わかってないからそう思う。

わかってなくて・・ごめんよ!

わかってあげられなくて・・ごめんよ!

わからなくたって、仕方ないよ!

だって・・人間だもの! by みつを


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





※本業の陶芸の事になると・・何で話が出てこない? (爆)


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





隠れている自分

インターネットに手を染めて以来、めっきり本屋にもレンタルビデオ(DVD)にも行かなくなってしまった。

それでもたまに、四日市の中心街にある大きな本屋に立ち寄る事もあるんだけど、立ち読み専門で本や雑誌を購入する事はほとんどない。

そんな私が何を思ったのか?こんな本を買ってしまった。

自遊人 移住。ぼくらがここに住む理由 (Venture out from cities.)

「へ〜、なんでわざわざ田舎に引っ越すのか?」

・・・という事に純粋に興味が急に湧いたんだけど、わざわざ購入までしなくても、タイトルと表紙の写真を見れば、いわゆる「ナチュラリスト」の本だと一発でわかるし、内容も大体想像がつく。

だけど何故か購入して、「どれどれ、何があなたをそうさせたんだ?陶芸家のおじさんに聞かせてごらん」って事でじっくり家で読もうと思ったワケよ。

ある意味、期待を裏切って欲しかったんだけど、期待通りと言うか予想通りの内容で、やはり自然賛美、生き方、考え方は「その手の人たち」のそれでありました。

それが良いとか悪いとかの事ではなく、自分の心の奥の奥の奥に隠れている「ナチュラリスト熊本」に久しぶりに再会し、昔の自分、いや、私の隠れた一部分に再会したような感じしました。

一見、派手好きな私なんだけど、心の奥には自然賛美、田舎暮らしがあって、一歩間違うとどっぷりそちら側の人間になってしまう因子は十分に持ち合わせているんです。

ま、政府軍とレジスタンス、どちらにつくか選択は紙一重で、ちょっとしたきっかけが理由という事と良く似ている。

しかし・・・・

正直言うと、ナチュラリストの人たちって、あまりにナチュラルであるその生態が時に私の体は拒否反応を起こしてしまうんです。

鬼の形相で自然崇拝するのは良いんだけど、特に女性は化粧もしない、髪の毛も染めずに中途半端に白髪交じり。なぜかおかっぱ、もしくは三つ編みにお下げ髪。藍染の服を着て、バンダナ巻いている・・・地味な器で野菜中心。みたいなのは、なんだか逃げ出したくなってしまうんです。

だけど・・・そういう風にしたい気持ちがわからないワケでもない!って言う隠れた自分もいるワケね。

そもそも、陶芸で一番最初にいいな!って思ったのは何を隠そう備前焼だし、作りたかったオブジェは八木一夫がやっていた「黒陶」でした。

高校も大学も地味な服を愛していたし、社会人になってからも黒い服の時代が長く、花柄やヒョウ柄の服を着はじめ、煌びやかなタカラヅカの世界に開眼したのもここ数年の出来事なんですよ。

だから、私の中には自分でも信じられない部分があって、しかしそれとは決別したい・・いや、決別せねば・・という自分がいて、でも本当の素の自分に戻っても誰も責めやしないよ!っていう感覚もあり・・・

結局、自分自身が実はよくわかっていないという事がわかっただけの事なんだけどね。

やれやれ・・・まとまりのないブログでした。

ご静聴ありがとうございました。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





車で遊ぶ

しかし、陶芸についてはまったく触れない陶芸ブログ!

「すみませ〜ん、カレーライス下さい!カレー抜きで!」

・・・とよく似た状況。

陶芸のお仕事・・してないワケではないんだけど・・・

ひょっとして、私・・陶芸・・嫌いなの???

陶芸について書く気分でないのでフェイスブックに投稿していた記事をまとめたブログを今日は書きますね。

・・・って言っても、私とフェイスブックでお友達でないと見れないから、ブログだけ読んでいる人には新しいネタだから許してちょんまげ!

「他人の車を、さぞ自分の車のように撮影するシリーズ」

・・というアホみたいなコーナーを勝手に作って投稿して遊んでいるんだけどね。

車っていうのはやはり面白くて、それぞれに「イメージ」があってそのイメージに近い服装をして写真を撮るという・・・やっぱりアホな企画。

今まで6回やっているんだど、初回と二回目はかなり昔でちゃんとした写真ではなかったので第3弾、第4弾、第5弾、第6弾を紹介します。

基本的にはうちに遊びにきた友人・知人、そして生徒さん達の車。

第3弾はメルセデスベンツAクラス。

Aクラスとは言えベンツはベンツ。内装も良いしさすがと言えばさすが。

「いつかは乗ってみたい」と思う反面、「ベンツだけはあえて絶対に乗らないぞ」という相反する気持ちにさせる車。

それはベンツに対するイメージが「金持ち」「成金」「ヤ◯ザ」「態度横柄」という・・・別に私だけが持っている印象ではないと思うがやはりその部分が個人的にはネックだけど・・・やはり純粋に良い車だと思う。

それで私が選んだ衣装はグラサン、ヒョウ柄のジャケット。
うわ〜・・・こんな人が運転しているベンツには近寄りたくないよね。

第4弾はミニクーパ。

どこがミニ何やねん?って思わずツッコミを入れたくなるくらい、そんなに小さくない。

やはり英国の車。だけどカジュアル感のある車なので、ここはやはりバーバリーでしょう。

黒縁眼鏡をかけて・・・ちょっと英国カジュアル風。ヒョウ柄の男と同一人物とは思えないでしょ?

第5弾はジャガー X- TYPE

ジャガーも英国車なんだけど、ミニとは違いカジュアル感は無く、大人の紳士の車というイメージ。

私の中では映画「カサブランカ」の中に出てくるハンフリーボガードのイメージ。

ソフト帽にトレンチコート・・・なんだけど、私・・・トレンチコートを着る機会が皆無なためトレンチコートを持っていません。

・・・って事でそれと似た?服装で!

第6弾はBMW 320i

泣く子も黙るベンベー・・・(笑) ドイツ車の代表選手ですね。
本当はボーダーシャツにホワイトジーンズが最適なんだけど・・
私・・・持っていません。

って事で青を基調にカジュアルに!

・・・って事で、遊んでます。

車ってそれぞれに個性的だからそれを選ぶ人の趣味嗜好が反映されるよね。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





蜂の巣と山椒の木

「あれ?何だか最近蜂がブンブンと飛ぶのを見かけるな〜!」

・・・って思って、蜂の飛行先を追跡したら・・・

家の出窓の下にまだ地鎮祭を終えて建築が始まったばかりの蜂の巣を発見!

拡大すると・・・

これくらいの大きさの巣なら、北斗神拳奥義・無想転生を使わずとも排除できるんだけど・・・

どうにも・・・「可哀想」って思ってしまうんだよね〜〜。

かと言って、このまま放置すれば巣がどんどん大きくなって、蜂の攻撃を受けてしまう可能性も捨てきれない。

困ったもんだ。

困ったついでにもうひとつ・・困った事・・

それは山椒の木が何度切っても生えてくるという事。

これぞまさしく・・・驚き桃の木・・山椒の木!

山椒は育てるのに苦労するらしく、山椒を育てたいのだけどうまくいかなくて・・という声をよく耳にするんだけど・・・

うちの場合は根元で切っても、また知らない間に自生してて、よほど山椒にとってはうちの環境は良いらしい。

山椒の木はトゲがあり危ないし、夏前になるとアゲハの幼虫が住み着き葉を食べる。

ただ、この木も一生懸命生えているのでなんとなく切るのが心苦しい。

ほんと・・・やれやれ・・・

どうせ生えてくれるんなら「金のなる木」でも生えてくれないかな?とほほ


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ