新作動画

YouTubeに新作動画をアップしました。

今回は「タタラ作り 創作花器」です。

よろしければご視聴下さいませ!

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


四日市 嘉喜家さん

先程三重テレビ放送で四日市にある和牛レストラン「嘉喜家」さんのどら焼きハンバーガーについての特集が放送されていました。

また、8月の終わり頃に中日新聞でも大きく嘉喜家さんの記事が載っていました。

うちは新聞をとっていないので写真の資料はなかったのですが、先日にデジタルデータを入手する事が出来ましたのでこの場を借りて掲載したいと思います。

それでこの新聞の写真に写っているのが私の器ですので、新聞を見た多くの知人が「器が新聞に乗っていたよ」と言ってくれましたし、もっとよく写真を見た人は「女将の帯留もそうじゃない?」ってくれました。

器も帯留も使って頂いている嘉喜家さんの女将さん・・・本当にありがとうございまーす!

皆さまもよろしければ四日市にある嘉喜家さんにて美味しいお肉を食べに行って下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


岩盤浴

いつから岩盤浴に行ってないだろう?

コロナ騒動から行ってないのでかれこれ2年近く行ってない。

岩盤浴に行こうと思いつつも・・・

中々重い腰を上げられずにいたんだけど、昨日は午後から仕事を臨時休業とし、多度に新しくできた「神馬の湯」という所に行ってきました。

岩盤浴を備えた入浴施設で新しく、綺麗で・・・しかも雨の平日とあって人は少なめ。

露天風呂も完備で男風呂からは湯に浸かりながら多度の街を一望できる。

岩盤浴も三種類あり、勿論の事ながら全ての岩盤浴を体験しました。

半日ほどゆっくりと過ごし、汗を大量に流し、少しはリラックスできたと思います。

平日に休みを取れるというのは陶芸家の特権だけど・・・

日祭日無しに働かねばならぬのもまた陶芸家なのです。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


陶芸家が焼く秋刀魚

兎に角・・・・私が焼く秋刀魚は日本一です!

これは冗談ではなく本当の話です。

毎年、秋になると耐火煉瓦を使い、秋刀魚専用の焼き場を作ります。

炭で火をおこし・・・

秋刀魚を網で焼くのではなく、挟んで焼く器具をつかいます。

秋刀魚を焼くと脂が落ちて炎が上がるパターンですが、私の場合・・・

絶対に炎が直接、秋刀魚に当たらないようにします。

あくまで熱(遠赤外線)だけで焼くようにします。

ちょっと時間はかかりますが、秋刀魚の脂がグツグツと身の中で煮えるように焼くと最高の味になります。

ここ数年は秋刀魚があまり獲れないために、値段も高いし中々良い秋刀魚に出会えませんが、先日良い秋刀魚を発見し、急遽コンロを作成し秋刀魚を焼く事になったのでありました。

・・・と言う事で今年の秋刀魚も最高に上手く焼けてお味の方もやはり日本一のお味でした!!!

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


他人の車

他人の車をさも、自分の車のように撮影するシリーズももう37弾になりました。

今回は TOYOTA ALPHARD 4WD V6

まあ、でかい車です。

お値段も流石に走る応接間と言われているだけの事はあり、このタイプは700万円以上します。

よくこのシリーズをやっていて誤解されるのですが・・・

これ・・「他人の車」ですから!

私のではありません。

私の車は本当に小さいBセグメントの車で、今流行り?のダウンサイジング?です。

余談ですが、実はこの他人の車シリーズはFacebookでは大好評で、会う人、会う人に「あの車シリーズ面白いよね」って言われています。

ま、撮影場所は自分の家の前・・・と決めてますから、うちに来て頂かないと写真は撮れない訳です。その事を考えると沢山の人が我が工房を訪れて来てくれている事に感謝したいと思っております。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


どうした?秋刀魚

秋の味覚・・・秋刀魚

実は去年・・食べてない・・と思う。

だから今年は食べようと思い、本日買いに行ったのだが・・・

まず値段が高い。一匹300円。

ま、昨今、秋刀魚の水揚げ量が激減しているために仕方ない。

しかし、今回購入に至らなかったのは、大きさがあまりに小さかったからであります。

地球温暖化?のせいでしょうか?去年も秋刀魚は不漁だったし。

そんなこんなで夕食は他のメニューになってしまいました。

閑話休題

さてさて・・・本日は朝から釉薬をかける作業。

すぐにズボンはドロドロです。

本当に釉薬をかける作業が一番ツライです。

疲労度もMAXでもう3時過ぎにはクタクタ状態。

休む休む詐欺で全然休んでないし・・・本日は早退けって事で!!!

ちなみに生徒さんが作った織部流しがけ皿。

中々これはこれで面白いね。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


YouTube新作動画

YouTubeに新作動画をアップ致しました。

今回は「三種印刻皿」の作り方です。

よろしければご視聴くださいませ。

超簡単で誰にでも作れます。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


少しは涼しくなったかな?

気がつくとブログを書くのを忘れています。

それだけブログに気がないのでしょうね。

今日は9月5日。9月に入ってからもう5日も経過してるし・・・

でもまあ、少しは涼しくなったかな??

そして・・・はじめは7月一杯だけのダイエットのつもりが本日、現在までまだ続いていて・・・

今の時点でマイナス4.5キロ。

目標体重を61.5キロに設定変更したので後マイナス2キロで頑張ろうと思います。

今月22日に誕生日を迎え59歳になるまでに何とか目標体重になりたいもんだけど・・・さて、どうなる事でしょうか??

仕事の方はと言えば・・・夏休み子供陶芸教室はすでに終わり、後半に制作された作品を焼かねばならぬ事と・・・

注文が入っている作品を作る事、来年の干支である虎の置物のエスキース(見本)を作らねばならない事。秋にある秘密?のイベントの準備、YouTubeの新作動画も作らないといけないし・・

・・・とまあ、そんなこんなでとりあえずは活動しています。

本当ならお盆休みを取っていないので、9月はもっとゆっくりしていても良いんだけど・・・

まあ、いつものパターンですな。とほほ

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


真面目な陶芸の話 3

ついでと言っては何ですが、真面目な?陶芸の話の続き。

陶芸を長年やってはきたんだけど、私はアホだからいまだに「用の美」ってよくわかりません。

それって・・・

考え方や嗜好の方向性を指している、ある種「政党」や「結社」もっと言うとプチ「宗教」のようにも個人的には思えてしまう。

厳しい戒律的なイメージも強いし、目に見えない縛りというか・・・

少しでもスタンドプレーをしたら最後、快感になるまで叱ってもらえる雰囲気であり、まるで今のご時世の中、マスクもせずに堂々と電車に乗っている時の周りの視線に似たものを・・・私は陶芸界に垣間見るのです。

雑誌等で「用の美」とか言う注釈のついた器の紹介記事や写真の場合、ほぼ似たような感じの器が紹介されていて・・・

作家別というよりは傾向別に作品が分類されているので、誰が作ったのか皆目見当がつかない作品が多く・・・

だから逆に言うと誰でも作れそうな色や形・・・今までよく見慣れた・・・いや、見せられてきた類の器たち。

「使いやすさ」を求めているのか?

「機能的故の美しさ」を見出そうとしているのか?

「デザイン的」なものなのか?

いや・・・そんな事は実は二の次、三の次であり一番大事なのは「目立つな!」って事なのだと・・・何となく感じ取ってしまう私なのでありました。

兎に角、料理がメインだから器は目立つな!脇役に徹しろ!自己主張するな!

しかしそれではあまりに可愛そうだ!・・・ってな事で・・・

ついにその器達にも光を、スポットライトを当ててやろう!

極端に言うと「肛門にも光を!」的な感じで脇役に徹した器に「用の美」という種目を新しく設け、その部門に金メダル!

よくご飯茶碗なんかを食事をする時の「道具」とか言ったりもするんだけど、この言葉使いにも私は前々から違和感を持っていて・・・

茶碗を作るためのコテとかなめし皮とかなら「道具」として理解できるんだけど・・

用いる事が道具の条件だとすると、服や靴も道具と分類せねばなるまい。

そもそも飯茶碗って道具売り場に売っていないし。

だから無理やり道具として認識した場合、使い勝手ていう言葉が次に出てきて、機能性っていうのが出てきて・・・

ある日ふとトンカチにスポットライトを当ててみたら「あれ?トンカチってよく見るとカッコ良いじゃん」ってことになり・・・

いや待てよ、次は釘にスポットを当ててみよう、次はノコギリにスポットを当ててみよう!

ってな感じでいくと、世の中にあるもの全てカッチョ良い訳なのよん。

って事になると、本来ならジャンル別に分ける事に意味がなくなって・・・

どれもそれはそれで価値があり、あえて「用の美」とか「民藝」とかって、言わなくたって済んでいく事なのに・・・なぜか「線引き」をしたがる傾向。

何処ぞの誰かが「用の美」などと小洒落た事を言うものだから、みんな勘違いして「器とはこうあるべき」と巷評論家がはびこる事になってしまったのではないかと!?

もうど〜でも良いやん!・・・センスのある料理人ならどんな器が出て来ようとうまく盛るよ。その時・・・一体、用の美って何???

アホな私はふとそのように考えてしまうのでありました。

今日の写真は本文とはまったく無関係の色実験の時の写真です。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ