神ってる

私は典型的な日本人だから、お正月には神社に行き、お葬式には仏教で、クリスマスや結婚式ではキリスト教。ハロウィンやバレンタインでは外国人に変身。

こういうのをいわゆる「無神論者」と言いますね。

※ここで言う無神論者とは神の存在を否定するという事でなく、特定の神の信仰を持たないという、よくある日本人の考え方としてとらえてください。

ただ・・・無神論者の私でも、漠然とした「神」的なものは信じて・・というよりは感じる?事ができるし、神社仏閣などからの荘厳な雰囲気は重々感じる事はできます。

ま、ですからたまにですが・・・カミさん(うちの神さん!)と神社やお寺に行き、神聖なる空気を吸って、何だか知らないけどリフレッシュすると申しましょうか?神秘的なパワーをいただくともうしましょうか?

そういう事をたまにやったりします。

・・・って事で、本日訪れた場所は多度大社。

上げ馬神事で有名な三重県桑名市多度町にある神社です。

実はこの多度大社を訪れたのは二回目。

一回目は今から100万年ほど前、私が小学生だった頃に一回。そして今日で二回目。

白い馬がいてスプーン一杯分の餌をあげた事を覚えているんだけど、今日はもう餌をやれる事が出来ない状況(餌をやれる回数が決まっているみたい)だったし、白馬は後ろ向いていたのでケツだけしか見れなかった。

そして何よりここの神社で有名なのは「上げ馬神事」です。

私はテレビでしか見た事はないんだけど・・・狭い道を馬で全力疾走し、急な崖を駆け上る!!!

その馬が走るコース?を見る事ができました。

近くで見ると・・・

もっと近くで見ると・・・

上から見ると・・・

雪が積もっていたら完全に「モーグルコース」やな!

お社の側には滝があって・・・

帰りに「白馬伝説の由来」の看板の説明を読み、厳かな気分になって帰路についたのでありました。

※ 世紀末救世主伝説なら良く知っているんだけど・・・「お前はもう・・神ってる!」

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*