断面図

電動ろくろで作品を作る場合、初心者の頃はかなり分厚く作っていたり・・・そして上部と下部で厚みが変わったり、器の中のカーブの形状など外からでは分かりづらい事がありますね。

そういう場合は縦に真っ二つに切ってみて断面図で確認するとすごくわかりやすいです。

まあ、だんだんと慣れてくると、わざわざ切って確認しなくても、手に持った時の重さで大体の器の断面図はわかるし、初心者が作った器かどうかは持たなくても外からのフォルム(形)で大体わかる。

いま、変形面取りの器を製作中なんだけど、手がすべって一つ破損してしまった。

いや〜・・・時間かけて作っている分、かなりショックなんだけど・・・

覆水盆に返らず、

イッツ ノーユース クライング オーバー スピリット ミルク !
(だから、それくらい英語で書けって!)

パチンコで負けた金は戻ってこない!

ここはあきらめるしかないんだけど・・・

人生万事塞翁が馬

怪我の功名

禍を転じて福と為す

割れたおかげで自分が作っている変形面取りのコップの断面図を見る事ができました!

ひゃ〜!!!薄い場所はこんなにも薄かったのか??

自分で言うのも何ですが・・・神ってます。

オ〜ッ!ジーザスッ!!!

ま、割ってしまっていたのでは元も子もないですが。とほほ

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*