春のファッション考

春です。

花粉です。

三波春夫でございます。

・・・って事で春分の日を迎え、皆様方には益々、ご健勝のことと存じます。

暖かくなってくると、当然ながら今まで着込んでいたダウンジャケットや厚手のコートなどは・・・バイなら!

・・って言うかもう春分の日なんだから、いくら寒くてもダウンジャケットっていうのは、「ああ、この人はファッションには無頓着やな」って思われると・・・私は思うけど・・

だけどファッションに興味がない人からすると「寒いからダウン着ているんだから文句ある?」って事でしょうね。

春らしく薄手のコートやらジャケットにシフトしていくのですが・・・

ただそうは言っても三寒四温とはよく言ったもので、油断して薄着で外出するとやっぱりまだ寒かったり・・・春先のファッションは実に難しい。

そもそもファッションとは季節の先取りであり、春が本格的に来ていないのに一足早く春を感じさせる、または自分で感じるモノであるわけだから、少々寒いの暑いのを我慢しながらやるのが真のファッションなのだ!

そう、ファッションとはやせ我慢なんだよ。

さて・・・

基本的に私はいつもデニムパンツ・・・ま、昔風に言えばジーパンでの行動がほとんですので、ジーンズに会うコーディネートが求められますね。

ただ、この春先の時期は本当に着る服に迷います。

そこでデニムのジャンパー、これまた昔風に言うとGジャン。

このGジャンが厚手過ぎず薄過ぎず、春先にはちょうど良いんだけど、デニムのパンツにデニムのジャンパーだと・・・なんだかとっても野暮ったくなってしまうんだよな〜。

なんて言うか・・・

西部劇に出てきそうなファッションで、カウボーイハットなんかかぶったら、あなたも今日からもれなく「荒野の少年イサム」に大変身!

(また若い人にはわからない単語を書いてしまった)

そうなると、Gジャンの選択肢を捨てるか、ボトムをGパンでないのにするか?のどちらかなんだよな〜。

(不思議とGジャンではなくデニムシャツならさほど問題ではないんだが)

Gジャンに一番相性が良いのはチノパンだと思うけど、正直私は最近チノパンっていうのを全くと言って良いほど着ないんです。

それもそのはず、チノパンを一枚も持っていない(爆)

持っていないというよりは・・・チノパンが極端に縮んでしまい・・・っていうか私が極端に膨張してしまい、はけるチノが無いワケね!とほほ

困ったもんだ。

ちなみにうちの生徒さん、季節を先取りしてちゃんと今の時点でカブトが焼きあがってます!こうでなくちゃ、いけません。

・・・・・・・・・・・・・・

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*