夏至も過ぎて・・

まだまだお昼の時間は長くて夜7時でもまだ明るいのですが、気がつくともう夏至も過ぎ去り、ゆっくりではありますが夜の時間が長くなっていってます。

私は今、趣味?で英会話教室に通っていますがレッスンが始まるのは夜の7時。

今話題の四日市にある東芝の巨大半導体工場の傍を通る道は実に綺麗に整備されていまして、今の時期だと夜の7時前でもこの明るさ!

1日の仕事を終え、まるで定時制の学校に通っている気分になりますが、さすがに授業中に居眠りする事はありません。

月並みではありますが、もっと学生時代に真面目に勉強しておけば良かったとマジで思います。

自慢じゃありませんが、学生時代は全く勉強しませんでしたもん。

・・・っていうか、知識を得る楽しみっていうのはほとんどの人は歳をとってから芽生えるのは悲しい事ですがね。

陶芸の楽しみも50歳を超えたあたりからでした。

「お前、そりゃ遅すぎるだろ〜!」って言われるかも知れませんが、食べていくのに必死で、途中、陶芸が楽しいとは全く思わなかった時期もありましたね。

300歳くらいまで生きる事が出来れば、その時やっと悟りが開けそうな気がするんだけど・・・

※ お釈迦様は35歳にして悟りを開かれました。さすがです。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





水戸黄門考

「人生楽ありゃ〜苦もあるさぁ〜〜〜♩」

ずっと小さい頃から水戸黄門を見るたびに、やはり一番見たいシーンは「ひかえおろ〜!」って印籠を出して、悪代官が「はははぁ〜〜!」と言って土下座するシーン。

単純明快な勧善懲悪ストーリーは誰が見ても後味が良いもので、「良かった、良かった、黄門様の世直し旅」ってな事になるんだけどね。

でも、今一度この水戸黄門という物語って一体何が言いたいのだろう?って冷静に考えた時・・・

「権力を持った爺さんが、自らの暇を潰すためにボディーガードを雇いあちこちの宿場を転々とし、色々な事に顔を突っ込み、最終的には自らの権力によって事の次第をねじ伏せさせる事によるカタルシス。」

世の中を良くするために、公安警察の役目をかって旅しているわけでも、悪代官と悪徳商人との共謀罪を突き止めるわけでもない。

つまりは・・黄門様の暇つぶしなのよ。

その暇つぶしが世のため、人のためになっちゃってるもんだから、もうどうにも止まらない。

水戸に帰っても、またすぐに旅支度にリンダ困っちゃう〜。

キャシャーンがやらねば誰がやる!?私がやらねば誰がやる!?

この印籠を使って遊びたい!

給料なんていらないよ!あの印籠を出した時の「どうだぁ〜感が忘れられないのよ!」

だけど・・・それには悪人が必要不可欠って知ってた?

悪代官や越後屋あっての水戸黄門。

影の主役は「お前も悪よの〜!ウオッホホホ〜!」の悪代官なのよ。

政治は腐敗してなければならず、庶民は苦しめられていなければならないのよ。

人生楽ありゃ〜苦もあるさ・・・

ではなく、苦があるから楽がより感じられるような気も・・・

う〜ん・・・何を言ってるのかまったくワケわかんなくなるブログでした。

つまらぬ事書いてないで、ちゃんと陶芸の事を書きなさいって!?

ごもっとも!ごもっとも!


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





やっと雨

はい、梅雨入り宣言後、やっと雨らしい雨が降りました。

だから何がどうって事はありませんが、あまりに乾いた大地には恵みの雨だったに違いありません。

仕事の方は超忙しいという事はありませんが、なんだかんだと次の火曜日が来るまでは毎日何かしらのやるべき仕事が入っています。

週休二日を取るようになって「やっぱり体は楽だわ〜!」なんて言ってたのにこの連勤状態は一体何やねん!?

・・って事で夜はやはり一杯やりたいね!

まだまだ大吟醸 「耕人」がありますのでそれで一杯。

今日はぐい呑を変えて。Take it easy !

私には超珍しい金色抜きの染付ぐい呑。大昔に作ったヤツ。

実は昨日は生徒さんのKさんのご紹介で「日永うちわ」で有名な「稲藤」さんの専務さんとお話をさせていただく機会を得まして、うちの工房で色々とお話をさせていただきました。

日永うちわの事ももちろんですが、それ以外のあんな事、そんな事をお伺いする事ができてとても勉強になりました。

生徒のKさん、専務さん・・・ありがとうございました。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





知的生命体考

最近、本当にテレビ・・・特に民放はほとんど見ないため、最近の若い俳優さんやらお笑い芸人の名前など誰一人として知らない私です。

ただ、民放のテレビに取って変わって見ているのがYouTubeですね。

YouTubeに関しては自分の興味のある番組しか見ないので、かなりかたよってしまうのが難点かもしれませんが。

やはり宇宙系のYouTubeをよく見ます。

そうするとやはり関連番組をオススメされたりするんだけど、宇宙とくれば当然ながらUFOという事になって行きます。

UFO映像を見る事ができ、そしてコメント欄があります。

そのコメントにこんなのがありました。

「未だにUFOいるとかいないとか論点が原始人w
いるに決まってるw
この広大な宇宙で地球人しか存在してなかったとしたら、
そっちの方がよっぽど不自然で恐ろしいわw」

う〜ん・・・

う〜ん・・・

う〜ん・・・

これ、言いたい事はすごくわかるんだけど・・・

だけど、そのコメントに対するコメントが実に良くて、ああ、ちゃんとこう言う考え方できる人がいるんだと、やたらに嬉しくなってしまったのでありました。

そのコメントは以下の通り。

「こんな広い宇宙でも、知的生命体が今存在している可能性は限りなく低いです。人類(知的生命体)の歴史など宇宙の歴史からすれば瞬き一回にも満たないので。

過去もしくは未来に知的生命体がいた、あらわれるということは充分にありえますが、今この瞬間、知的生命体がどこかの宇宙で活動しているというのは考えづらいことです。個人的にはいたらいいなーとは思うんですけどね。」

パーフェクトな答えです!

もちろん私達人類が今ここにいるという事は、他にいてもおかしくはない。いや、きっといるんだろうけど、我々と同時期に知的生命体が宇宙船に乗って気の遠くなる距離を移動して地球にやってくるというのはほぼほぼ・・・0パーセントだと思います。

宇宙を知ればきっと未知との遭遇があり、「スタートレック」や「スターウォーズ」のような未来が・・・と思ってたかつての私は無知そのものでした。

宇宙を知れば知るほど、知的生命体の可能性がどんどん・・・いや、限りなくゼロに近くなっていく感覚を覚えた時、宇宙や物理の法則は哲学と同化するのでありました。

ですから、地球上に生まれ・・・土をこねて陶芸やってるって事は奇跡の中の奇跡の中の奇跡なんですよ!

奇跡ついでに個展で作品完売!っていう奇跡もつけていただくと有り難いんだけどね。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





体験と刺身と大吟醸と

本日は一言で言うと電動ロクロ体験デーでした。

・・・と言っても、うちには電動ロクロは4台しかないので一回MAX4人までしかできないワケだけれども、同時に4人・・しかも初心者を1人で指導するのはかなりシンドイ。

頼みの瑞葉ちゃんも今日は多忙につき来れないし・・・・(泣)

ここは自分を信じて頑張るしかありません!!!

とにかくまずはお客様を迎えるまでに出来るだけの準備はしておきます。

ロクロ4台の内、3台分は土殺しをして中心をとってある状態にしてあります。

残り一台分は土殺しを披露し、どうやって中心を出すか、どうやって器を作るかを披露するためにロクロの上に土のかたまりを置いてあるだけの状態にしておき、全ての土の上に濡れたタオルをかけておいて開始時間を待ちます。

これを第1種戦闘配置と言います。(エヴァの見過ぎか?)

バケツに水を入れ、スポンジ、なめし皮、しっぴき(切り糸)の準備もします。

そして体験開始!!!

無事・・終了!

午後からもロクロ体験は続きました。

午後からは聴覚に障害のある方々だったのですが、うまくジェスチャーとか、大きく口を開けて発音してましたので唇の動きを読んでいただき、普通に楽しく体験していただけたと思います。

準備、後片付けだけでも相当時間はかかります。

うちは真空土練機があるので相当助かってますが、もし土練機がなければ相当シンドイですね。

そんなこんなでおじさんは疲れてしまい、夜は先日北海道に行ったカミさんの土産の新千歳空港限定のお酒 「耕人」純米大吟醸 を刺身で飲もうと言う事になり・・もちろん家で。

某用事を済ませながら近所のスーパーに行き、20%値引きシールを確認して購入。

自分の器に盛って、料亭気分を演出しました。

疲れたのもあったし、久々の高級酒におじさんほろ酔い。

そんなこんなで、実に梅雨らしい天気の土曜日は過ぎていったのでありました。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





ご贔屓様

今日は私の作品をこよなく愛して下さるお客様の所に久々に行ってきました。

床の間・・両サイドにオブジェ。中央に金箔を貼り付けた花器。どちらも大昔に作った作品です。そのくらい前からご贔屓にしていただいてます。
本当に有り難い事です。

そして玄関も、独特の世界観を演出されてます。

今年の干支の酉・・・ハリネズミに囲まれてます!(驚)
クリムトにキリスト。

ひとしきり色々なお話を毎回させていただきますが、とにかく底抜けに明るい方ですね。

それと姉御肌で気前が良い。男以上に男前って感じです。

そのご贔屓さんも人生の途中にご不幸な事に遭遇されておられるのですが、この明るさ!

いや〜・・・見習わないといけません。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





To be or not to be ・・・

気象庁が梅雨入りを宣言すると毎年のように晴天が続きます。

それで給料もらえるんだから、私も気象庁に勤めればよかったな〜。

夏は暑いでしょう!冬は寒いでしょう!って言っておけばそれでいいんだもんね。

さて、湿度がないので本当に気候は爽やか。

・・・という事で本日は工房の棚。棚と言っても底に滑車が付いていて移動可能な作品棚を掃除する事にしました。

途中から来なくなった生徒さんの作品、完成してるのに長期間とりに来られていない作品を超思い切って本日処分いたしました。

※作品保管期間は6カ月。それを過ぎると処分します!って事になってはいたんだけど今回処分したのはどれもほぼ2年以上が経過した作品達で今後引き取り手が現れる可能性が限りなくゼロに近いものばかりです。

悪しからずご了承ください。

土に戻せて再生できる作品は粉々にして大きな樽の中へ。

こんな大きな作品を作ったのに、もう数年が経過し残念ながら粘土に戻ります。

完成している作品で欠けていたり、あまりに他の人が使わなさそうな作品は廃棄処分のため、これも致し方なく粉々に。

それ以外は「ご自由にお持ち帰り下さい」という箱を作っておけばいつの間にか無くなっていきます。ちゃんと皿とか鉢になってるのでやはり割るのは忍びない。

そして一番の問題は私の作品の処遇についてです。

今まで棚に置いてあった私の作品はまだ絵付けをしてない、絵付け待ちの作品たちなんですが・・・

個展用に作り、時間切れで残っている作品は良いのですが・・・

一番の問題は・・・完全なる失敗でもないが成功でもない。

割って捨てるにはあまりにも勿体無く、かと言って個展で並べる事ができない。

To be or not to be ・・・ハムレットの如く?悩みましたが・・・

散々悩んだ挙句、いつの日かそれらにも絵付けをしてアウトレットとして販売しようと思いました。(本当にいつになるかわかんないけど)

陶芸家の中には、ちょっとのキズや歪みが生じた場合、割ってしまうという厳しいルールを決めている人もいるでしょう。

んが・・・

私は昔からどうもこれ見よがしに割るのは好きじゃないんです。

ブログ的には「私の作った作品はちょっとでもキズがあったり、納得がいかなかったら処分します。それがプロの陶芸家のあるべき姿なのですから!えっへん!」

・・・ってウソでも良いから、そう書いておいて、「やっぱ、プロの世界はシビアだな〜!熊本さんはやっぱスゴイは!」

・・・思われなきゃ〜ダメなんです。

最近よくよくわかりました。

おちゃらけたブログ書いたり、厳しさに欠ける性格を正直に書く陶芸家ほどバカはいません。

そこまでわかっていながら・・・このブログ!アホです。

でもね〜・・・失敗作をバシバシ割る人ほど・・・日頃からモノを大切にしないか〜!って弟子に説教なんかして、骨董品を愛でてたりするから・・・

そういうのホントよくわかんないんです。

ま・・・それぞれの考え方ですから。はいはい。

・・・で・・・

話を本題に戻すと、今まで大事に保管しておいた引き取り手の現れない作品を処分したら、なんという事でしょう〜?

かなりスペースが手狭になっていた棚の半分以上がカラになりました。

いつか陶芸教室に来た時に作品が処分されていたら可哀想!・・・などと思う気持ちなんてまったく不要です。

きちんと規則に従い、半年を一秒でも過ぎたら処分していけばよかっただけの事なんです。

私・・・お人好しにもほどがあります。反省。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





今だから

昔は・・・と言っても50歳になるまでは基本的に陶芸家に休みという概念は存在せず、もちろんたまには休んだりもしてはいたけど、気がつくと15連勤とか20連勤なんてのはザラでした。

それに慣れてしまっていたせいか、「休み」の日には何をして良いのかわからないし、そもそも休んでいると、何処からか「不安」が押し寄せてきていたんよ。

変な話だけど、働いている時が一番心が休まっている状態。

注文があって、予定が詰まっていて、やるべき事が山積してて・・・

それが一番の精神安定剤であったワケね。

正直・・陶芸家一本で家のローンを支払い、車のローンを支払い、子供達を学校にやらせ、仕事の経費を払い、年金、保険、税金を払い、電気ガス水道光熱費を払い、食費や衣料、携帯電話代・・・もっともっとのお金の支払いを考えると・・・

どう考えても休んでなんかいられなかったワケよ。

だから陶芸家だけの稼ぎで家計をやりくりしている人って本当に尊敬しちゃうよ。

自分がやってきたから、よくわかる。

だから無理やり個展を沢山予定してみたり、来る仕事は全部受けるようにしてきたんだけど・・・

それはそれで間違った生き方をしてきたとは全然思わないよ。悔いはないし。

でも・・・どこか・・・何か・・・もっと・・・

そう思うのは自分が歳をとった「今だから」だろうとは思います。

家のローンも教室のローンも終わり、子供達も社会人になり・・・

そして・・自分と同年代の人の訃報を最近よく耳にするようになると、いつ自分もどうなるか?はまったくわかんないし。

ま、だからというワケでもないけど、昨今は週休二日制、もしくはもっと休めるようにしたいと思いまして、近頃火曜日は休みにするようにしてるんです。

今日はカミさんも旅行中なので、一人ゆっくり岩盤浴に行ってリラッ熊本やってきました。

芸の道は死ねまで精進し続けるものだ!・・・っていうのはよくわかるけど・・

一生懸命やって来た陶芸も60歳くらいまででピリオドを打って、他の事をやってみるのも面白いかとも最近思ってるんです。

なんか陶芸以外の事も色々と知りたいし、やってみたいし・・

いや・・・そうは言っても、死ぬまでやってるかも知れないけど・・・

岩盤浴の帰り道、国道23号線の中央分離帯、コンクリートの隙間から必死こいて生きている雑草。

頑張ってるな〜!・・・って思っちゃったよ。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





蕎麦湯と蕎麦釉

カミさんは北海道旅行中!

生徒さんは「いいな〜〜!」とか言ってるけど、それは私のセリフだろ!

さて、陶芸教室のランチタイム。

今日はみんなでサガミに。

お昼の天ざるセットを注文。少々の贅沢は今日は許されるだろう。カミさんは昨夜ジンギスカンを食べていたぞ!

さて・・・美味しくお蕎麦をいただいた後は蕎麦湯。

サガミの蕎麦湯はトロっとしていて美味しいと個人的には思います。なにせ私は庶民ですからね〜〜。

午後からの陶芸教室は釉薬掛けの作業。奇しくも蕎麦釉。

蕎麦湯の後に蕎麦釉・・・

そばゆの後にそばゆう・・・

ソバユノアトニソバ・・・

山田く〜ん、座布団一枚持ってけ〜〜〜!

・・・って事で、蕎麦釉準備を始めたんだけど、とにかく人気のない釉薬でほとんど誰も使わない。

よって、バケツも埃が積もっていて釉薬のラベルの文字さえ読めないほど。

当然ながら蓋を開けてみると・・・「こんなん出ましたけど〜〜〜!」

完全に干からびてます。

蕎麦釉だけに、開けたソバから、「打ちのめされる」なんちって。

山田く〜〜〜ん、座布団全部持ってけ〜〜〜!

・・・ってな事で1日はアッと言う間に過ぎていきます。

ネコも工房に勝手に侵入してくるし・・・

もっとソバにおいで!にゃ〜〜! 退場〜〜〜!

平和だ!平和だ!平和が一番!

※ ちなみに「平和」の文字を見るとき「へいわ」と読まずに「ピンフ」と読んでしまう私は・・・平和な証拠ですね!? あはは


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





昨日と今日はこんな日でした

昨日は中日文化センターの陶芸教室。

初心者コースですので、はじめての電動ろくろの説明。

次回から実際に制作していただきます。

文化センター終了後、以前から行ってみたかった担々麺が美味しいと言われているお店に。

あえて担々麺を食べに行くなんて・・・私にしてみるととっても稀な事です。

そして昨夜の月は本当に明るく綺麗な月でしたね。

さて・・今日の土曜日は午前も午後も陶芸ろくろ体験教室でした。

今日の体験者さんは午前も午後もノリの良い人達で、私としてはとてもやりやすかったです。

たま〜におられるのですが、すごく無口でリアクションがあまり無い人。

別にその性格を責めるつもりは毛頭ありませんが、少しお話をしていただいたり、振った話にリアクションしていただけると相当救われます。

私・・・個人的に無口で愛想の無い人って・・・苦手なんです。

どうか、よろしくお願いします。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





幸福論

火曜日に名古屋散歩に出かけた際・・・

色々と変なグッズも買ってしまったものの、とても良い本も購入する事ができました。

「幸福論」アラン著

ちなみにアランとはアラン・ドロンでもアラン・リックマンでもありません。

本名、エミール=オーギュスト・シャルティエ 1868〜1951 哲学者

アランはペンネームらしい。

約600ページにも及ぶ分厚い本なんだけど、全然難しくなくサラサラと読めるし、何より内容が面白い。

以前のブログでアランの言葉・・・・

「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」

という言葉を紹介したと思うけど、それ以外にも本当に生きていく上で心が楽になる言葉や論説が書かれていて実に良い本だと思いました。

非常に論理的で、スタートレックに出てくる、バルカン人のスポック的な展開。

「長寿と繁栄を!」

もっと若い頃にこの本に巡り合っていたら、後々の人生への座右の書になったに違いない!と思う反面・・・

このアランの幸福論は54歳の今だからこそ、面白く読めているんじゃないか?とも思うんだよね。

若い頃に「笑うから幸せなのだ」・・・なんて言われても、「何言ってんだ?このおっさんは???」って感じだったかも。

そして、この分厚い本を読んで一言で幸福とは何か?を語るとすれば・・・

自分が幸福と思えばどんな状況下でも幸福であり、どんなに物質的豊かさがあっても自分が幸福だと思わない限り幸福にはなれない・・・って・・・

散々今まで言われ続けてきた事なんだけど、この本は幸福と思えるようにするにはどうすれば簡単にそういう思考に持っていけるか?を書いてあるワケね。

それが面白いワケよ。

まあ、別に私は出版社の回し者でも何でもないけど、興味のある方は読んでみてちょんまげ!

お値段・・・1800円と税金也。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ





伊勢型紙を使った紋様

昨日はRクラス。

久々に全員集合!って言っても、今は三人だけなんだけどね。

昨日はその中のお一人、Aさんが伊勢型紙を使っての紋様の器を製作されていましたので、ここでちょっとご紹介。

今回はよりコントラストを出すために黒泥土を使用。

板状にしてから伊勢型紙を乗せてしっかりと粘土に食い込ます。

筆で色泥を塗っていきます。

全部に塗っていきます。

塗り終えたらドライヤーで表面を少しだけ乾燥させてから、ゆっくりと剥がしてゆきます。

ゆっくりと・・・

ゆっくりと・・・

作業終了〜!!!

この後、端っこを綺麗に切断し、器の形状に変形させます。

ま、この技法は別に伊勢型紙でなくともできます。

他の紙でもできるし、紙でなくとも色々な物を使って紋様をつける事ができますが、伊勢型紙は耐久性に優れているので何回も使えますが、普通の紙だと一回で使い捨てになってしまうかもしれませんね。

Rクラス終了後、夜に陶芸家の集まりがあるため予定していた夜の部の教室を前倒ししてやりました。

時間を前倒しして来てくれたKさんの手は真っ黒でした。どうも釣りで日焼けしたみたい。

私の手(左の手)と比べたらこんなにも色が違う!!!

・・・にしても、違いすぎ!!!(笑)

私は元々色が白い上にアウトドアに出ない。

いや・・・先日BBQをしたけど・・・木陰だったしな〜〜。

まあ、夏に水着に
なってビーチに行く事は絶対無いしね!

ポッコリお腹に生まれたてのセミのような色した体では、とてもとても人前で水着になんてなれません!

私・・・脱いだらスゴイんです!!

(ちなみに↑のセリフは大昔CMで使われて大流行したセリフです。年寄りしかわからない言葉ですね)

夜は陶芸家の集まりがあり、冬に開催されるグループ展について・・それ以外にも色々とお話して終了。

二次会はM先生とお洒落なワインバーへ。

アヒージョ・・美味しかったです。

結果・・M先生にゴチになり・・・あざっす!!!

持つべきものは良き先輩っすね。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ