ルーツ

ちょっと書きたくなった事があるので、話は年末に戻りますがどうかご容赦を。

しかも、熊本家の人間以外にはまったくどうでも良い話なので、興味のある人だけどうぞ。

年末に熊本家先祖代々の墓掃除に任を仰せつかり、それに参加させていただき・・

その夜は墓掃除に来た熊本家の一族で焼肉を食べ、大昔によく行った「スナック」でカラオケなど歌いました。

スナックのママはなんと80歳!!

いや〜・・・昔と変わらずお元気で若々しい。なんだか勇気と元気を年末にいただきましたよ!

んがっ!?

実はここで衝撃の事実が発覚!

熊本家に生まれ育ち55年。

実は私は勝手に我が熊本家は由緒正しき「北斗二千年の歴史」の如き長きに渡る伝統家系なのだと今の今まで思い込んでいましたが・・・

実はまったくそうでないという事をお恥かしながら今の今になって知った次第でありました。

この写真の家系図の中央。ルーツにあたる「末松」と「志な」

子供9人を産み、まるでネズミ講のような熊本家家系図。

私から見ると「ひいおじいちゃん」と「ひいおばあちゃん」にあたるこの二人が今の熊本家の大元になる夫婦なワケだけれども・・・

実はこの夫婦は二人とも、全く熊本家の血筋の人間ではなかった事を、お恥ずかしながら55歳の今になって知った次第でございます。

実はある虚無僧が九州から小さな墓石を背負って四日市の地にやってきた。

その墓石がこれ。こんな重い物をよくぞ背負って来たものだ。

結婚していたのか?してなかったのか?それすらわかっていないんだけど・・・

その虚無僧の養女になったのが「志な」という女性。

その養女である「志な」の養子婿になったのが「末松」しかもその時にはすでに「末松」には男の子がいた。

先ほど「末松」と「志な」の間には9人の子供がいて・・・と書いたけれども実際に産んだのは8人という事になります。

つまり簡単に言うと、熊本さんという虚無僧がいて、熊本という名前を途切れさせたくなかったのか?養女をもらい、その養女の所へ養子が入り・・・・

結果・・・元々の虚無僧熊本さんとは誰一人として血縁関係がない。

今の血縁関係のある熊本家の歴史はまだ浅かったのでありました。

まあ、今更どうでも良い話だし、この手の話は実は世の中よくある類の話なのですが・・・・ちょっとその話をきいてビックリしちゃった・・という事です。

「あなたのお父さんとお母さんは実の親ではありません」って言われても、今になってしまえば「あ、そうですか?」ってな感じで、生みの親探しなんて今更する気もないのと同じレベルなんですがね。

たぶん、もっともっとずっと遡っていったら、ひょっとして歴史の教科書に出てくる偉人の末裔だったりなんかして・・・

そしてもっともっともっと遡ってアウストラロピテクスくらいまで行くと・・

人類みな兄弟っていうフレーズもあながち嘘じゃないと思えてくるよね。

しかし・・・虚無僧って・・・・なんだか・・・なんだか・・あはは

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

今年も「陶芸家 熊本栄司の陶芸春秋」をよろしくお願い致します。

さて、皆様におかれましてはどのようなお正月を過ごされたのでしょうか?

クリスマス以降の年末年始はほぼほぼ毎夜、宴会状態が続いていまして、結果的にこの短期間に2キロも体重が増えてしまいまして・・・

今年の目標を急遽「ダイエット」にしなければいけない状態になりました。

今年は私の弟家族(5人)が年末から帰省して来ていて、その影響で宴会状態が昼夜問わず続く事になりました。

ですから楽しいお正月ではあったものの・・・ゆっくりと・・という感じではなく、バタバタバタバタと・・・特にカミさんも食事の準備等でまったくゆっくりとはできなかったですね。

しかしながら、お正月の定番のすき焼きをしたり・・・

エビを食べたり・・・(頭を焼いて食べるのも美味しい)

たこ焼き作ったり・・・

餅を焼いたり・・・

また、飲んだり・・・

全く何処にも行かずに、飲んで食べて、テレビで紅白歌合戦などのお正月番組を見て・・・「完全正月モード」でした。

唯一行ったのが、元日に行く近所にある神社と墓参り。

まずは町内にある「多度神社」

そして萬古焼に従事する者にとって忘れてはならない「萬古神社」

先祖代々のお墓詣り。

弟家族が帰った後はカミさんの名古屋にある実家に年始のご挨拶に。

そこでもお酒をいただき、お義母さんに「栄司さん、少しぽっちゃりしたかな?」と言われる始末。

もうね〜〜・・・自分でもわかっています。秋から本当に仕事が忙しくて、ここに来て完全にアホに近いほどのリラックスモード。

陶芸の事(仕事)はもちろん、ブログ、Facebook等のSNS、英語・・・

日頃、頑張っているアクティビティーを全て電源オフ状態にしてました。

そして今日・・・何の行事もない日がやってきましたのでカミさんと映画を見に行きました。

犯人は誰かを知っていて見るのもなんですが・・・

面白い映画でした。

・・・という事で新年が始まりました。

今年もよろしくお願いいたします。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


回想2017

ああ〜あああああ〜あ・・・

ああ〜ああ〜あああああ〜〜!

・・・って事で毎年年末恒例行事、純君に朗読していただきます。

酉年の2017年も色々あったわけで・・・

まずいきなり「味覚障害」になり一ヶ月ほど味がわからなかったわけで・・・

大雪が降り、雪でスフィンクスとピラミッドを作ったわけで・・・

2週間に及ぶ炭水化物ダイエットに挑戦したわけで・・・

愛媛から友人が遊びに来てくれたわけで・・・

タカラヅカを4回も見たわけで・・・

映画館で何本も映画を見たわけで・・・

瑞葉ちゃん、無事に就職したわけで・・・

インド音楽を聞きに行ったわけで・・・

安城までお茶を飲みに行ったわけで・・・

高級なお肉を使ってBBQやったわけで・・・

菓子博にも行ったわけで・・・

水沢にかぶせ茶を飲みに行ったわけで・・・

ヘムスロイド村にも行ったわけで・・・

夏休み子供陶芸教室もやったわけで・・・

石取祭りにも行ったわけで・・・

頚椎を痛め、三ヶ月以上医者に通ったわけで・・・

鮎を食べに大台町の清流茶屋に行ったわけで・・・

台風が来たわけで・・・

今年も鈴鹿に出張教室に行ったわけで・・・

クーラーが壊れたわけで・・・

海外からの陶芸体験者さんが多かったわけで・・・

私立小学校へ出張教室したわけで・・・

みえリーディング産業展に参加したわけで・・・

風邪もひいたわけで・・・

室伏先生が美人の奥様連れて来たわけで・・・

萬古作家協会展にも出品したわけで・・・

KAZURAKATAを東海高校に見に行ったわけで・・・

ハロウィンパーティーでゾンビになったわけで・・・

篠原ともえのプラネタリウムイベントにも行ったわけで・・・

ゴスペルを聞きに行ったわけで・・・

かに本家でかに三昧したわけで・・・

英語カラオケ歌ったわけで・・・

戌の干支を多くの人に買っていただいたわけで・・・

こうしてお陰様で年を越せそうなわけで・・・

いくつも忘年会したわけで・・・

もう、みなさんのお陰なわけで・・・

ぜひ、良いお年をお迎えくださいなわけです。

今年もブログ「陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋」を読んだり、読まなかったり・・ありがとうございましたぁ〜!

また来年も引き続きよろしくお願い申し上げます!

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


大掃除とみかん風呂

粉雪散らつく本当に底冷えする今日・・・

大掃除を始めました。

陶器屋さん、製陶業、陶芸家・・・土埃との戦いです。

マスクをして、ホウキに掃除機。

でもその前に掃除機を掃除する所から始まります。とほほ

やってもやってもやっても終わりません。

なんだかこの業務用集塵機・・私は勝手にR2-D2と呼んでます。

多分工房内を全部完璧に掃除しようとすると一ヶ月あっても足らないでしょう。

だから本当は一ヶ月間を改装工事?という事でお休みして徹底的にやりたいんだけど、そんな事では食っていけないので、時間を見つけてはこまめに掃除をするのが一番なのですが・・・

それが出来るようであれば、今日もこの寒い中、大掃除なんてやっていないんですがね〜。

とにかく・・・身体中・・・埃っぽいです。

今日は「お風呂に浮かせて!」って事で大量のお風呂用みかんをいただきましたので、早々とみかん風呂に入りまして、埃をとって温まったのでありました。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


今年も残りわずか

気がつけばクリスマスも終わってしまいました。

工房でクリスマスパーティーをしたりした年などは、クリスマスツリーなどで飾り付けをしてましたが、今年の場合は飾り付けはまったくゼロ。

おまけに先日、工房のドアのガラスを不注意で割ってしまい・・・

とりあえずの応急処置が何とも貧乏臭く、クリスマスデコレーションとは真逆の様相を呈しています。とほほ

まあ、それでも昨夜は英会話教室の仲間を中心とした(ゲストもいましたので)英語カラオケで、クリスマスソングを歌い・・・まあ、何とか人並みに?クリスマス行事に参加しましたので、まあ、OKでしょう。

それ以外は全くクリスマスらしき事は無く・・・ケーキも、シャンパンも、チキンもプレゼントすらありませんでしたが・・過ぎてしまえばどって事ありません。(おいおい)

次はお正月の準備です。

・・・と言ってもクリスマス同様、これと言って特別な事は何もしないんですけど、とりあえず新しい年を迎えるにあたり兎にも角にも掃除でしょうか!?

でも寒いんだよね〜〜・・・この時期。

今日は外は寒く、空の色は暗い灰色で大魔神がいつ出てきても不思議じゃないような暗さ。時々ピュ〜って吹く風は冷たい。

こういう時に無理をして大掃除をして風邪をひいても仕方ありません。

ゆっくり、まったり・・とボチボチと掃除をしてお正月に向けていきたいと思っております。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


一つの時代が終わった (後)

総中流社会、終身雇用、右肩上がりの給料。

もう、夢幻の世界です。

中流社会は格差社会になり、終身雇用は正社員でもむずかしく、給料は横ばいか下降気味。

そんな社会に暮らす大多数の人にはもう百貨店に対して過度の期待や夢は無くなっていったのでしょうか?

探したいモノはほとんどインターネットの中にあり、同じ品でも直売の場合百貨店よりうんと安かったり。

陶芸家もまた目指す方向性が随分と変わったような気がします。

百貨店の美術画廊で販売するような高価な壺や大皿、茶碗を作る時代ではなくなり、クラフト市や陶器祭り、マルシェ、など気軽にそしてお手頃な作品、一般ウケする食器等をみんながみんな同じような作品を作る傾向になっていると私は強く感じてます。

また、ドームや陶器祭りで人気の作家?職人?クラフトマン?の作品は次の年には完全にコピーされて、似たような星のデザインや水玉模様の作品のオンパレード状態を目の当りにして陶芸界の疲弊をヒシヒシと感じてしまいました。

また、ネットを使った情報発信、イメージ作りも必須科目になっています。

さて・・・このようなブログを書いている私ですが・・・この先どうしていくのでしょうか?

ずっと先が見えずに突き進んでまいりましたが、まだまだこれからも先が見えない道なき道を歩いて行くのです。

一つの時代が終わり、そしてまた次の時代へと。

変化し続け時代に対応していく者だけが生き残っていくのでしょうね。

・・・とは言え、私の場合はすでに子育ては終え、家や教室のローンも終え、時代に対応するぞという気概もあまりないんですけどね。

あ〜・・・たっぷりと年金をもらい、豊かな老後を送りたい!!!・・・国民年金だけの私にそれは絶望という名の希望。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


一つの時代が終わった (中)

百貨店の勢いはいつの間にか無くなっていきました。

郊外に大駐車場を完備したショッピングモールが乱立し、人々はいつの間にか百貨店に行かなくなってました。

かく言う私も・・・自分が個展を開く時以外は百貨店に足を運んでいない事に気がつきました。

自分の事を棚に上げ、「美術画廊のお客様が少なくなったな〜!」なんて個展期間中に言ってる自分がいました。

ただ私の中には美術にどれだけ力を入れているかで、百貨店の「志」の違いを感じていました。

丸栄百貨店はかつて画廊は二つあり、ギャラリーがあり、伝統系の作品発表の場があり、通路にもアートスペースがあり・・・

朝日陶芸展を始め、東海伝統工芸展、巨匠作家の催事等・・・名古屋栄地区の芸術情報発信基地でした。

文化的な事に力を入れていた百貨店でした。

写真は丸栄ができた当初の写真。なんと昭和31年らしいです。

しかしながら、人々の百貨店離れを止める事はできません。

誰が悪いワケでもありません。大きな時代の流れです。

百貨店の美術画廊がどんどんと無くなっている昨今・・・

私みたいに百貨店での個展を目標にやってきた陶芸家は一抹の寂しさと虚しさを感じざるを得ません。

しかし、それは昔の陶芸家なのでしょう。

昨今の陶芸家やクリエーターは初めから「百貨店」での作品発表など頭にはありません。

そもそも、百貨店での個展は誰でもできるっていうほどハードルは低くありません。

ある程度の実力があり、経歴があり、作品にもそこそこの完成度が求められ、しかも「売り上げる」という大きな課題もクリアしないといけません。

もう・・若い作家達はそういう事はぶっ飛ばして、もっと自由に楽しくやっていきたい・・・という風になってきました。

経歴を作るって言っても昔ほど陶芸公募展が乱立していた時代ではありませんし、もう公募展での賞に全く価値を求めなくなってしまってます。

日展や伝統工芸展など権威ある公募展も、一部の人にはありがたがられる存在であるけれども、それ以外の人にとってみれば、まったくどうでも良い事で、そこへの入選、入賞など何の価値も見出さないでしょう。

時代は流れ、価値観も大きく変化し続け・・・

百貨店の衰退とともに陶芸作家のあり方も変わっていきます。

続く。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


一つの時代が終わった (前)

先日、名古屋にある老舗百貨店「丸栄」が来年6月に閉店するというニュースが流れました。

実は来年秋に丸栄にて個展の予定をしていたんだけど、開催はほぼ・・いや、完全に絶望的となりました。

写真は前回の丸栄での個展の様子。

先日、近鉄百貨店・四日市店にて開催させていた四日市萬古作家協会のグループ展も、当初は大画廊で開かれる予定だったのが、急遽大画廊は閉鎖。

売り場を移動し、画廊ではなくアートスペースという形で大幅に売り場面積を縮小。

小さいスペースにて11人の作品を並べる事となり、結果作家一人あたり座布団一枚分の広さしかなかった。

ついに四日市の百貨店から画廊は消滅しました。

私が今まで各地の百貨店の美術画廊にて個展をさせていただきましたが、そのほとんどが現状では無くなっているか、規模を縮小しています。

大画廊、中画廊、小画廊があり・・・

大画廊では人間国宝や文化勲章クラスの作家や有名物故作家。

中画廊では中堅作家。

小画廊では若手、無名作家。

そんな夢のような売り場形態が存在したのはバブル期だけ。

バブル崩壊後・・・デフレの20年ほどの間に美術を取り巻く環境、そして百貨店を取り巻く環境が激変しました。

百貨店に行くのに「よそ行き」の格好で行ったのは、もう歴史の教科書に載るほどに昔の事になりました。

私が陶芸を始めた頃・・・今から約33年前・・・

百貨店の美術画廊で個展を開く事こそが、陶芸家の理想像と私個人は思っていました。

続く

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


ハードな1日

昨日は超ハードスケジュールの日でした。

朝8時にお客様の家に作品配達し、その帰路の途中にもお客様の所に作品配達。

10時よりdocomoショップに一番乗りし、プラン変更をしてもらったんだけど、所要時間1時間!結構時間がかかりました。

一旦帰宅し、窯出しの仕事、午後からはゴスペルを聞きに行きました。

去年も行かせてもらったんだけど、今年はピアノの生演奏に合わせてのライブでした。とても迫力ありましたね〜〜!

ライブが終わってからの記念撮影。

まあ、なんてみんな地味な服装なんでしょう!(大笑)

その後は速攻で陶芸作家協会の会議に参加。

会議終了後、これまた速攻で工房に戻り夜の陶芸教室。

全て終了は21時15分で・・・電池が切れました。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


俳句と俳画

昨日の日曜日は菰野町にあるパラミタミュージアムに「俳句と俳画」展を見に行ってきました。

展覧会を開いてみえるのは石井いさお氏と石井洋子さん、ご夫妻。

ご主人のいさおさんは俳人。

奥様の洋子さんは俳画講師。

先日ちょっとしたご縁でうちの陶芸教室に来られ、掛け軸に使用する風鎮を製作されていかれ・・・今回、その風鎮を掛け軸に使用されていました。

拡大するとこんな感じの染付作品。
セラミック棒を使い、お団子を焼くように焼きました。

絵と俳句・・・素晴らしいコラボでした。

結婚50周年、「金婚のコラボ」というサブタイトルもついていました。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


いざ、出陣!

ようやく来年の干支・・戌が焼きあがってまいりまして、箱詰め、発送の準備にはいりました。

犬の場合、犬種が多く一つのデザインにするのに相当迷いましたが、いくつもの試作品(エスキース)を作り結局はオーソドックスな感じの耳が立っている秋田犬のスタイルにしました。

どこか某電話会社の犬に似ている感じもありますが、あくまで私流の「戌」になったと思っております。

ご予約頂いたお客様にはもう少しでお手元にお届けさせていただける状態になります。

戌の出陣です!!!

長らくお待たせいたしました。ありがとうございます。

・・・と同時に、新しい色に挑戦したくなり本日実験にうつりました。

乳鉢で顔料を擦り擦りしまして、テストいたします。

さて・・・どんな風に焼きあがってくるのでしょう?

月曜日に今年最後の窯に火が入ります。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ


0.1

昨日・・・新しい眼鏡を買った。

その前に視力検査をしてもらいました。

結果・・・視力0.1

昔は両目共1.5だったのに今は0.1。

小学校の時の視力検査で一番上の大きな文字が読めない子がいて・・・

その時、私は「こいつ、アホちゃうか?何であんな大きな文字が読めないんだ?」

・・って思った事があったけど、今自分がそのアホになっちゃってるワケです。

そして、最近は老眼も進み・・・

遠くも見えず・・・

近くも見えず・・・

おまけにこの先の陶芸人生の行先もまったく見えず・・・

どうすりゃいいのさ〜?この私。夢は夜ひらくぅ〜〜!

視力0.1の世界は・・・実はそれほど見えてないワケではありません。

眼鏡をかけなくても普通に生活できますが・・・

車を運転する時、テレビを見る時、宝塚の舞台や映画を見る時・・・などは眼鏡がないと全く見る事が出来ませんのでそういう時は眼鏡をかけます。

私個人的には顔に異物(この場合は眼鏡)を装着するのはあまり好きじゃないし、逆に近くのモノを見る時に眼鏡をしてるとピントが合わなくなってしまう。

だから日頃は眼鏡をかけずに生活しているんだけど。(だから遠近両用を買えって話)

いざ車に乗るときとか、テレビを見る時にいつもいつも眼鏡探しが始まります。

・・・んで、結局・・・首からぶら下げるか頭の上に乗せておくのが一番無くさない方法であります故に・・・

いつも私が写真を撮られる時に眼鏡が頭の上に乗ってるワケです。

もし、小学生の頃の自分に一瞬でも戻る事が出来たなら、視力1・5の世界を今一度体感できるんだけどね。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ