英国旅行記 3

地下鉄に乗って次の目的地に向かいますが、ちょうどお昼の時間となりました。

・・・って事でトムが連れて行ってくれたのはやはり「パブ」でした。

どうも私が勝手に想像してたのはパブは夜だけの営業。

とんでもありません。お昼もやっててガッツリとビールを飲んでいる人、多数。

今回の英国旅行はお天気に恵まれすぎまして、毎日毎日が暑い!思わず長袖シャツ脱いじゃいまして、タンクトップ姿になってしまった私なのでありました。

当然ながら私達も飲みます。

食後、少し歩いて移動です。公園内ではみんな寝そべって日光浴などしていましたので我々も真似して芝生の上に寝っ転がってしまいました。

さて・・・芝生の上で寝っ転がった後にほろ酔い気分で向かうのはあの天下の大英博物館!!!

なんと、入場無料です。

そこで見るのはやはりアレでしょう!

そうです。アレですよ!アレ。

ローリング・ストーンズ!

沈黙・・・

あの、あまりにも有名な「ロゼッタストーン!」

裏から見るとこんな感じ。(ちょっとガラスケースで反射してるけど)

一番右が黄門様、私・・助さん、左が格さん。え〜い、ひかえおろ〜!

こういうエジプトの古物やロゼッタストーンって元々海外のものだよね!?

大英博物館の物って?・・・それって・・・

などと・・・思えてくるんだけど、無料で開放しているという太っ腹な姿勢は大いに関心します。

こんな大きなもの何処から持ってきたんだろう!?

正直、美術品を鑑賞するのはエネルギーがいります。

世界の大英博物館を出て向かったのはトラファルガー広場。

あのネルソン提督の像がある広場です。

ネルソン提督の塔の下にはライオン像が。これが三越のライオンのモデルとなりました。写真はそのライオンに食われそうになってる子供とオヤジ3人。

そして向かうは・・英国を代表する・・・

だんだんと見えてきました。馬もいます。

そうです。バッキンガム宮殿です!!!

女王陛下とお茶しようかと思っていたのですが、宮殿の旗はユニオンジャック。

つまりは女王陛下不在の旗印。もし王室の旗なら御在宅でございましたのに。残念ですが女王陛下とのお茶は次回にしてオヤジ3人でベタな記念撮影。

その日の夜は初めての英国に興奮していたのか?あまりよく眠れませんでした。

夜中の三時半過ぎ?あたりに目が覚めてホテルからの景色を見てみると、遠くにロンドン・アイが赤く照らされているのがわかります。

通りはこんな感じ。

ロンドンにもコンビニっぽいのはあるんですね〜〜。

朝になり、iPodで聞く曲は勿論ビートルズの「Day Tripper」

って事でTrippersはロンドン観光二日目は何処に行き、何を見るのでしょうか???

英国旅行記4へ続く。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ