英国旅行記 2

約12時間のフライトを終え、英国・ヒースロー空港に到着致しました。

今回の旅に連れてきた30年前の頂き物スーツケース!

ペンキで色を塗り、ステッカーで装飾した世界で一つしかないオリジナルスーツケースとこれまた一目で気に入ってリサイクルショップで買ったヒョウ柄のリュック!

中々良いんじゃない?・・・ってここまでは。

その後、このスーツケースに悲劇が、リュックに対しては後悔の念が訪れるとはこの時点ではまったく思っていませんでした。

一泊目に泊まったのはこのホテル。ここはヒースロー空港からすぐのホテル。

一夜明け・・・タクシーにて次のホテルへ向かいスーツケースを預かってもらいます。そこで英国人のトム・オースマンさんと出会いました。今回、まったくロンドン素人のオヤジ3人を2日間に渡りプライベートで案内していただくのです。トムさんの手配も今回のプロデューサーさんが手配してくれました。

トムさんは日本語検定1級を持っておられるので日本語はペラペラ。日本人より日本人の礼儀や心づかいをわきまえておられる方で、最強の助っ人でした。

まずはロンドン名物である赤い二階建てのバスに乗ります!とにかくロンドン初めてなのでベタベタのベタな体験をひと通り経験します。

その前に1日色々な乗り物に乗れる、いわゆる一日乗車券を購入してさっそく二階建てバスにいざ参る!!!

2階席はガラガラで、当然ながら一番前の席を陣取ります。

2階席最前列からの眺めはこんな感じ!

それで英国最初の目的地は私のリクエスト。

あの泣く子も思わず歌ってしまう、The Beatles で有名なあのアビーロードです。

なんの事はない。ただの横断歩道です。

なのに世界中のビートルズファンが今でも沢山訪れて、この横断歩道の上で写真を撮ります。私達の歩く姿もトムに写真におさめてもらいました。

周りの外人の人・・私達を見て爆笑してました。みんな同じ事やってるのにね!

あれ?よく見ると左足と左手が同じに出てる!英国初めてのミッション緊張感半端ないです。それに・・私の立ち位置・・・ポール牧・・じゃなくて、ポール・マッカートニーやん!

アビーロードの壁には世界中からの落書き!

どこの国の人も商魂たくましく、アビーロードの最寄駅にはビートルズのグッズショップが!

左端におられるのがトムさんです!

今度は地下鉄に乗り、次の目的地へ移動します。

英国ではエレベーターは右側に立つ約束です。左に立っているとマジで怒られます。だから東京方面の人は左側に立つ習慣があるので気をつけましょう!

英国旅行記 3に続く・・・

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ