大雨の日曜日

昨日は非常に天気が良くて気持ちの良い日でした。

昨日のブログで萬古コンペを見てきたと書きましたが、萬古コンペは萬古まつり開催中に萬古の里会館で開かれていました。

しかし、祭りに行ったとはいえ・・・実は知人のモデルハウスのテントで萬古まつりのお客さんを横目に先輩とずっと飲んで色々な話に花を咲かせていたのでした。

そして大雨の今日・・・

鈴鹿にあるカフェ・ド・フフにてモーニングを食べ・・・

そして、現在、津市の松菱百貨店、美術画廊で開かれている「半泥子の千歳山荘と三重の陶芸展」を見に行きました。

まあ、自分も出品してますし、他の出品者さんの作品も気になるところでした。

ただ、個人的に驚いたのは全体的に出品されている抹茶碗の値段が恐ろしく安かった事でした。

今、私の抹茶碗のお値段は作品にもよりますがだいたい一つ10万円前後。

私よりも先輩陶芸家さん達のお値段が3万〜5万円の間のが多かったのには驚きました。

もちろん20万円以上とかの作家もお見えですが、全体的にすごく安かった印象です。

松菱を後にして、向かったのは三重県立美術館。

そこで創日展(日本画)を見ました。

私の知人が出品されていまして、本人に直接作品について解説していただき絵の勉強をしてきました。

そして・・・ちょうど今「tupera 絵本の世界展」が美術館で開催されていて、大雨の中にも関わらず子供連れのお客さんで駐車場も満員御礼状態でした。

まあ、しかしよく降りました!

もうザーザー降りです。帰路・・車の中で萬古まつり2日目、この大雨の中でテントで焼き物を販売している人達の事を考えると胸が苦しくなりました。

自分もかつて萬古まつりに出品していた頃、何度こんな風な土砂降りに遭遇した事か!?それをつい思い出してしまったのでありました。

★★★★★★★★★★★★★★

陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ