逝ったアイツ

ついにアイツが逝った。

彼との付き合いは29年。

平成元年に私の家にやってきて、他のモノ達が次々と逝った中で唯一彼だけが生き残っていたんだけど、この夏は悲鳴にも似た音をあげるようになり、そして昨日、彼は静かに逝った。

そう・・・ナショナルのエアコン 「エオリア」

平成元年に私は家を建て、当然ながら電化製品は全て新しいのからスタートしたんだけど、テレビ、冷蔵庫、エアコン、ガスコンロ、オーブンレンジ、換気扇・・・全て壊れまして、その都度新しく買い替えていった中で・・

唯一、当時から生き残っていたのが今回逝ったエアコン。なんと享年29歳。人間の年齢に換算すると約200歳ほどになるんじゃないかな?

このエアコンは寝室に設置してあったんだけど、基本的には夏の夜だけしか使っていなく使用頻度としてはかなり少なかったからかも知れないけど・・・

昔の機械は電気代が高いので買い替えた方が・・・と何回となく言われてきたんだけど、実際に使えるのにわざわざ新しいのに変える事は私の性格上中々できないんだよな〜。

ま、しかし・・・今回、天寿を全うして壊れたのだから仕方なくあきらめれる。ま、でも新しいのを買うというのは出費がかかるという事だが致し方ない。

それは仕方ないとして・・・

毎年夏が来る度に心配していたのは、エアコンが壊れる日というのは、エアコンを使っている日という事なのよ!

一番嫌なのは一番暑い日に壊れてしまい、数日間エアコン無しで過ごさなければならなくなる事。

それを避けるには壊れる寸前に交換する事なんだけど、いつ壊れるかがわからない。

どうすりゃいいのさ?この私。 夢はよるひらくぅ〜〜♩

結局は・・・案の定・・・昨日のようなこの上ない暑い時に逝った。

不幸中の幸いにも日中に故障が発覚!心肺停止、瞳孔が開いているのをチェック。死亡を確認後、超特急で電気屋さんに駆け込みたった10分で新しいクーラーを品定め。

今は・・感傷に浸っている暇などないのだっ!

とにかく暑いのだ!

一刻も早く新しいのを取り付けてもらいたいのだが、一週間ほどの時間はかかるんじゃないか?と覚悟していたら・・・

取り付けの予約をすると・・なんと翌日に取り付けてくれるとの事!

アンビリーバボ〜〜〜!

すなわち今日!

この暴風雨の中、業者さんがクーラーを設置していってくれました。

有難や!有難や!

新しいクーラーからの風は超冷たくて・・・やっぱ新しいのは違うね?

とにかく、ナショナル・エアコン・エオリア。29年間、どうもありがとう!

私はいつまでも君を忘れないよ!? あはは

夏休み子供陶芸教室やってます。12日まで。

夏休みこども陶芸教室 ご予約受付中です!

ご予約は お電話 059-333-3537 か ご予約フォーム からどうぞ!


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ