夏休みの強敵(とも)

さ・・・8月に突入いたしました。

小学生のチビッコ達はもう「夏休みの友」は終わったかな?

夏休みという・・・ああ、パラダイスのような休暇をもらえたのは学生時代まで。

自由業の特権を生かして、「8月一杯は夏休みじゃ〜!」って事・・・

できないワケではないんだけど・・・

できないワケではないんだけど・・・

できないワケでは・・・はい、できません!

できるワケないんじゃん!!!

子供達には「夏休みの友」そして私には「夏休みの強敵(とも)」

「強敵」と書いて「とも」と呼びます。

思わず「強敵」を「とも」と読んでしまう、そこのあなた。

間違いなく「北斗の拳」マニアかパチスロッターに間違いないです。

何が「強敵」なのかと言いますと・・・

夏の暑さや湿気の多さの事でも・・・
夏休み子供体験陶芸教室の事でも・・・
出張陶芸教室の事でも・・・
子供連れでサイゼリヤが混んでいる事でもありません。

「痛み」です。 強敵です。

先日からブログに書いている頚椎からくる神経痛の痛みが、ケンシロウの北斗百烈拳をくらったかのような痛みが続いているんです。あべしっ!!!

首が悪いとなると首が主に痛いと思われるかもしれませんが、一番痛いのは私の場合、腕なんです。

今日からしばらく痛み止めの点滴をうちに毎日病院に行く事になりました。
情けないです。(昨日の点滴の様子)

この病気になる前は腕が痛い・・っていう意味わかんなかったです。

お腹が痛いとか、頭が痛いとかなら十分に理解できるのですが、腕が痛いというのは筋肉痛以外には、どうやったら痛くなるのか?何をもってして痛いというのかがさっぱりわかんないワケです。

それは腰痛も同じでした。

腰痛になる前は「腰が痛い?ってどういう事!?」って思っていたんだけど実際に自分がなった時は地獄の黙示録でしたね。

老眼にしても、両親が老眼で「近くのモノが見えない」って言ってた時・・・遠くのモノが見えないのはわかるけど、近くのものが見えないって?・・・目を近寄せればいいじゃん!・・・って思ってました。

んが、実際に自分が老眼になってみると・・「なるほどね、近くのものが見えない老眼って、こう言う事なのね!」って・・経験してみて初めてわかりました。

ですから、今回・・神経痛なるものの痛みを私は理解する事ができ・・・

自分より強い「強敵」(とも)と闘って最終的に無敵になっていったケンシロウみたく、私も強くなるのです!!?!なんちって。

おっと〜・・・ここまで読み返すとまるで完全に老人特有の「病気徒然日記」じゃん。

いかん、いかん、こんな事では・・・イカンザキ〜〜!

・・・って事なのですが、ここは「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」毎日、玉音放送を聞きながら笑顔で頑張ろうと思います。

皆様もどうぞ、ご自愛くださいませ。

こんな状態ですが、夏休み子供体験陶芸教室はお盆前まで続きます。

(お盆以降でも夏休み期間中体験をしたい人は受け付けますが、夏休み期間中の作品のお渡しはできません。)

夏休みこども陶芸教室 ご予約受付中です!

ご予約は お電話 059-333-3537 か ご予約フォーム からどうぞ!


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ