カタマリヅクリ

粘土のかたまりのまま成形し、最後に中をくり抜きます。

底から道具を使ってくり抜いていくのですが、どうしてもそれが出来ない部分は切断してくり抜いていきます。

生徒さん・・・がんばってます。

きっちりと接着しないと、乾燥、焼成で割れてきますので要注意。


陶芸ランキングに参加しています!
下のボタンをクリックすると順位が変動いたします! よろしければクリックしていただけると嬉しいです!


陶芸 ブログランキングへ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*